コスメとしての品質

普段、コスメ商品を買う時、ほとんどの人は「物を買う」と表現しますが、実際には「物の性質、すなわち品質を買っている」と考えることができます。

そして、それはコスメにおいても例外ではありません。

コスメの品質とは、それを使う人の満足度に関わる性質と言えるでしょう。

ある人にとっては、それはコスメブランドのイメージかもしれません。

でも、やはり圧倒的に多いのは、効能、効果などに関する情報にまず注目する人でしょう。

 美容カウンセリングやサービスなども、目には見えない品質と広く考えられています。

人の趣味や志向は千差万別といっても、それぞれの商品には欠くことのできない基本的な品質があります。

それを商品の品質特性といい、コスメにおいては、有用性(化粧品がもたらす効果・効能のこと)、使用性(化粧品の使用感・使いやすさ)、安全性、安定性(使い始めから終わりまで、一定の組成や状態を保ち、変質、変色、変臭、微生物汚染などを発生させないこと)が、コスメに欠くことのできない品質特性にあたります。

前の記事